届け

街角などで孤独な様子の人を見かけて、その人の表情に寂しさを見つけたからといって、まったく見ず知らずの他人が「あなた大丈夫ですか、あなたは一人じゃないんですよ」などといきなり物申すと話がややこしくなることが予想される。

いかにあなたが優しいとはいっても、その優しさが誰にでも通じるものだと思うのは、ちょっと考え物である。
大体、あなたがその寂しげな誰かを見かけたというのも自分の主観であって、自分の中に寂しげな誰かを見つけたいだけの、あなたの物悲しい欲求かもしれない。

もしかすると、相手はそれを敏感に察知して、あなたのことを偽善者と罵ることだってあるだろう。

そうなると今度、善良なあなたは帰り道で自分が偽善者かもしれないというテーマについて悩み続けることになる。

それを見かけた見ず知らずの他人が「あなた大丈夫ですか、あなたは一人じゃないんですよ」と話しかけてくることはあるかもしれないが、これはまったくディスコミュニケーションである。
新しいテーマを見つけたい人以外にはオススメできない。

——————-
最近はすっかり大人になったので突発的な感情に振り回されることは少なくなった。
よく他人から「頭がおかしい」「目が据わり過ぎ」「平気で人を刺せそう」などと積極的に評され、とかく狂犬病に罹ったイヌのようなイメージを持たれてきた僕だが、もしかするとこれは心持ちが多少は穏やかになってきているという兆候かもしれない(神様ありがとう!)。

例えば先述の文章(「三月を歩く」参照)にもあったとおり、僕はいわゆる「哀しい」感情が去来したときに、その感情を「賛美」したり「スタイル」にして色づけすることは少なく、なるべくそのままの感情の所在を自分の中で突き止めて「分析」し、その作用を客観視するに留まらず、「まあそういうものである」とねんごろに自分史のなかに「体系化」させ、納得・格納して自己完結させるようになってきた(もちろん表現として脚色することはあるけれども)。

そして、今やそれを「哀しい」以外の色々な感覚にも置き換えられるように、その適用範囲を拡げるべく日夜努力を心がけているところである。

当然、僕の心のうちには狂犬の名に相応しい激情めいたものも沢山あって日頃ふつふつと煮えたぎっているのだが、箱根の山は天下の険のごとき分析力(客観)に護られて、外見は天下の名山であるところの富士の山のように泰然自然としているという状況が醸し出されているのである。
これが世にいわれる大人の姿である。

このトライアングルは三竦みのように成り立っている精神安定ピラミッドであり、いずれが増長してもダメだし、かといってどれが欠けてもダメであるようだ。

しかして、この僕の脳内作業はどこかしら何かに似ていると思っていた。
頭の中でずっと引っかかっていたのである。

それで最近「○に届け」という某アニメを観なおしてみたところ、ある気づきがあった。
どうやら先のトライアングルに対する僕の考察は、少女漫画的なアプローチと近しかったことに思い至ったのである。
原作を読んでいないのでアレだが、その手法とは端的に言ってしまって「感情をありのまま受け容れて見つめ、それをあれこれと解釈する」という部分についての手法であり、僕の気づいたそれは少女漫画的というよりむしろ女性的な感性についてを指すかもしれない。

特に「受け容れた感情を見つめる」という所為が男性的な要素ではない気がする。
男性は大概の場合、プライドと衆目がデフォルトで標準装備されていて外せないので、そもそも無自覚であろうとしても「ありのまま」は受け容れがたい。
まして大人になると装備品の重量が次第に重くなっていくので、大体の感情に対してはどうしても鈍感になりがちで、襲来する感情にも経験則と慣れで対応するから、いちいち再考なぞはしない(僕はそういう無頓着さは嫌いである)。

もちろん人間の生活は恋愛漫画のように、あんなにご都合主義でうまくまとまっていくものではないし、少女漫画の入り口は往々にして「恋愛」ばかりだけれども、それでも感情の抽出方法や、その感情に対する心の流れ、思考の動かし方の表現はとても端整丁寧で、わかりやすく整頓されており、豊かだなあと思う。

僕は大人君なので、主人公二人の言動や演出をどうにも生温かい目で見てしまうが、それでも断然悪くない。酒でも呷りながら観たらきっと泣いてしまう。

僕は今まで自分の創作については、どちらかというと高校の教科書資料集に載っているような「純文学」然としたものから影響を受けているのだと自分で勝手に思っていたが、やっぱりそうばかりではない。最近は頓にそれを感じる。

当たり前だが、色々な経験や情報、創作物から影響を受けている。
ときどき、それらが僕個人の基質の中でお互いに気づきあって、それぞれの表現の奥と奥とで結びついて相関していくのがわかるときがある。
まるでお互いに関係していなかった2つの事象が自分の中で1つに連なっていくような感覚で、これは内面的に豊かになったような気持ちがして心地良い。
何かから影響を受けることの喜びとはここに極まる。

つまり、要約すると僕は「○に届け」が好きだという話。

20140330-103123.jpg