カテゴリー別アーカイブ: news

明日はワンマンです

いよいよ3月21日土曜日、明日は弾き語りワンマンの日です。
元々minimalsはバンド編成なので弾き語りはそのサイドワーク的に始めたのですが、いつの間にやら弾き語りがメインとなりつつあります。
そして今回は2回目のワンマン!
前回は初ワンマンということもあって完全に一人でやりたくて、サポートもオープニングアクトもおかず、弾き語り一本でやったのですが、今回は趣向を変えてオープニングアクトもサポートも加えた演奏をやります。

201503203

オープニングアクトには大学時代からの盟友である桜井君(恋をしようよジェニーズ)に引き受けてもらいました。
彼とはだいぶ以前に「とってもヘルシーズ」というバンドをやっていて、一緒に好きな曲をカバーしたり、共同で作詞作曲をしたりしてきた仲です。僕はminimalsでは自分で作詞作曲をするし、他にバンド経験もないので、その意味で唯一の共同制作者と言えるべき人ですね。
今回もオープニングアクトとは別に、僕のステージで二人で何曲か演奏するために一緒にスタジオに入りましたが、二人とも性格も演奏スタイルもかなり違うので、お互いの距離感をそれぞれにうまく混ぜ合わせて折り合おうとする、そういう不思議な共同作業を行うスタジオでした。
結果的には「どうやらうまく混ざったようだな、やれやれ」的な、そういう妙な確信のある、絶妙なケミストリーを感じたりもして。何はともあれ明日のセッションが非常に楽しみです。

201503202

全曲ではないですが、本編のサポートには村上大輔(sax)と渡辺あきひこ(perc.)が加わります(アッキーさんはちょっと暗くて見えないけど)。
弾き語りでは表現が難しい曲でも三人だと表現しやすかったりするので、これもまた新鮮な感じです。サックス、アコギ、パーカスというトリオ編成は初めてだったけど、なかなか良い形を生み出していると思うので是非聴いてもらいたいです。

最後にですが、最近のminimalsの曲を。
今日は週末。きっと色んな夜があるんでしょうね。
「夜よ今夜はあなたと話そう」

明日渋谷の地下二階まで足を運んで下さる皆様、それではまた明日会場にて。
尚、チケットはまだ若干余裕がありますので、迷っている方、ご興味ある方はinfo@minimals.jpまでお名前と枚数を明記の上、ご一報下さい。

2015/3/21(土)渋谷GUEST
minimals谷口企画「よくある週末vol.7」
[Time] OP19:00 ST19:30
[Charge] adv.1800yen / door.2000yen(+1D)
[出演]谷口智也
オープニングアクト:桜井康次郎(恋をしようよジェニーズ)
[FOOD]スーパーサンド谷口
10ヶ月ぶりの弾き語りワンマン!!FOODも谷口が務める定例企画です。
サポートメンバーに渡辺あきひこ(perc.)と村上大輔(sax)を迎えます。

3月21日弾き語りワンマンのお知らせ

twitterやFacebook上では既にお知らせしておりますが、来週土曜日(3月21日)に渋谷Guestというライブバーにて谷口の弾き語りワンマンライブを行います。

当日は基本的に一人で演奏予定ですが、楽曲によりサポートミュージシャンとして渡辺あきひこ(Perc.)と村上大輔(Sax)をお迎えして演奏したいと思っています。
バンドメンバー以外の人と共演は過去にほとんどしたことがないので、今からワクワクしております。

オープニングアクトは盟友の桜井康次郎(恋をしようよジェニーズ)。
当日は彼とも少し一緒に演奏したりするかも(?)です。

あと恒例となっている谷口のよるFOODですが、今回もホットサンドを出します。
具材はまだ検討中ですが、ツナマヨ的なものを予定しています。

0321

【2015/3/21(土)渋谷GUEST】
minimals谷口企画「よくある週末vol.7」
[Time] OP19:00 ST19:30
[Charge] adv.1800yen / door.2000yen(+1D)
[出演]谷口智也
オープニングアクト:桜井康次郎(恋をしようよジェニーズ)
[FOOD]スーパーサンド谷口

もし「絶対行きたい!」「行ってみたい!」「行けそうだ」「行ってもいいよ」「当日用事がないんだけど」という方がいらっしゃいましたら、お名前(ハンドルネーム可)・人数を明記の上、info@minimals.jpまでご連絡下さい。
※当日16時まで前売り料金にて受付いたします。

沢山のご来場を心よりお待ちしております。

【5/17(Sat.)】谷口弾き語りワンマンのお知らせ

こんばんは!
告知が大変遅くなってしまいましたが、来る5月17日土曜日にライブバー渋谷GUESTにてギターボーカル谷口智也が弾き語りワンマン公演を行います!
新曲多数、カバー多数でバンドスタイルとはまた違うトーンの演奏をお届けしたいと思っておりますので、是非遊びにいらして下さい。

また、当日は谷口自らによるフードを出店します。
今回は前回好評だったカレーではなくパスタを振舞う予定です。

皆様、17日は是非お腹を空かせて頂いた上で、渋谷GUESTまでどうぞ!

谷口智也(minimals)単独公演
「よくある週末 Vol.2」
2014年5月17日(土) 渋谷GUEST
OPEN 19:00 START 19:30
CHARGE adv. 1300yen / door. 1800yen (いずれも+1D)
FOOD パスタ部(谷口による)

ご予約はinfo@minimals.jp宛にて承ります。
件名に「予約取り置き希望」とご明記の上、お名前と予約人数をお知らせ下さい。
会場の渋谷GUESTのホームページはこちら
渋谷駅から徒歩10分以内です。

撮影:マンダコウヘイ
撮影:マンダコウヘイ

生活感など

生活感がない、ご飯などちゃんと食べているんですかと人からよく言われる。

この問いかけは僕に限らず、恐らく大多数のミュージシャンが常々言われていることだと思うが、心配はご無用である。
なぜなら大体のミュージシャンは世間一般の人のそれよりも人一倍謙虚に、社会の陰に隠れながら大変に慎ましく生活しているものである。

皆さんもご飯などちゃんと食べているのである。
みんな掃除もするし洗濯もする。
みんな食器も洗うし換気扇も回す。
みんな節約もするしアイスも買うのである。

さて、僕もそのような生活感を感じさせない人間を代表して、ちゃんと生活しているというその一端を皆様に証明したいと思う。

下記の写真を見よ!

20140427-203150.jpg

まるで古代文明から発掘された青銅器のように見えるが、これは自宅の洗濯槽である。

世の中には洗濯槽用洗剤という便利なものが発売されており、僕も興味本位で買ってみて早速洗濯機にかましてみたところ、洗濯槽はまるで新品のようにツルピカになってしまった。
そして、そのあまりのツルピカ具合に衝撃を受けて思わずiPhoneで撮ってしまったというのが、このショットである。
これは生活感がなければできない所作である。

さて、そんなことよりも明日はminimalsのライブがあります。
開演直前までチケット取り置きの受付をしておりますので、みなさま明日は手が空きましたらば是非奮ってご参加下さい!ということをお伝えしたい。

ご予約はinfo@minimals.jpまで。
「取り置き希望」の旨とお名前をお知らせ下さいませ。

【4月28日(月) 】
新宿紅布
start/19:00 / adv.¥2000(+1d)
w/ユームラウト、挫・人間、the coopeez

minimalsはちょっと早めの19時からの演奏となります。
ベースは今回も引き続き塩澤由希子が務めます。
それではお待ちしております!

明日は弾き語り企画「よくある週末」

バンドのフロントマンの弾き語りは、往々にしてソロミュージシャンよりも荒削りだったりエモーショナルだったりする。
ごつごつしていて、ギラギラしていて、バンドのときよりもより一層「人間」が浮き彫りになる。
そういうのは妙に哀しかったりする。
だけどもなんだかぐっと惹き付けられて、やっぱり最後に心に残るのは「唄」なんだなあ、この人あってのあのバンドなんだなあみたいにしみじみ思ったりする。

僕はどちらかというとソロ演者の方より、バンドのボーカルをやっているような人の弾き語りの方が好きな傾向があって(もちろん全部がそうではないけれど)、そういう人を集めたごつごつした企画をやりたいと思っていて、今回はたまたま渋谷GUESTのコバカツさんのお誘いもあって急遽弾き語りの企画をやらせてもらえることになった。
今年の1月にも弾き語り企画をやったから今回は2回目。

それで例のごとく、自分が個人的に好きだなと思う人たちに声を掛けて、出てもらうことになった。
これもまた例のごとく、グッとくるライブを如才無くやってくれそうな面々が集った。
飄々とした気負いのない人たち。
自分の心を外に放り投げて、それをそのまま座って眺めているような、そういう風なミュージシャンたちである。
自分がお客さんなら、なんとリラックスできそうな顔ぶれだろうか。
心強し。

是非皆様方に観て頂きたい。

そして僕は楽しみでそわそわしてしまって、なぜか勝手にカレーを作ることを宣言して、当日フードでタイカレーを販売することになった。

是非皆様方に食べて頂きたい。

明日お待ちしております。

11/9(土)渋谷GUEST
minimals谷口企画「よくある週末」
[Time] open19:00 start19:30
[charge] 1,000yen(D別)
w/鈴木健介(salsa)、近田崇仁(はいからさん)、佐古勇気(snap, GABAGABAHEY)、影山昇太郎
DJ:佐古勇気、スズケン
FOOD:谷口カレー
演奏は21時半ごろ予定。

「抱きしめたいvol.4」の動画アップ

夏なので、暑い日が続きます。
以前は珍しかったゲリラ豪雨ももはや特に驚かなくなるようになってきました。
夕立は減りましたね。これからなのかな。
なんであれ夏っぽいことしたいなと思って今年も過ぎていきそう。

さて、先月行われた「抱きしめたいvol.4」のライブ映像が届きました。
1カメなのでバンド全体というよりも、ほとんどボーカルの谷口を狙い撮りしているような映像ですが、有り難いことにとても見ごたえある映像に仕上がっています。撮影、編集はマック渡辺氏によります。
複数録音していた、当日のライブ音源を簡単にmixして映像に付け直したところ、結構それなりの音になったので良かったです。ライブ音源だけどある程度聴きやすい音質になっています。

当日来れた人はもちろん、当日来れなかった人もこんな感じだったのかと観てもらえたら嬉しいです。
なんかだいぶ前のことみたいに思ってしまうけど、とてもワクワクさせられた一日でした。
動画は2曲。

まずは「夜のジャズ」。

コアリスナーに好かれるスルメな一曲。
この日はセットリストのラストで演奏しました。
シングル「ゆるやかドラゴン」での鍵盤が入ったゆるいアレンジとはまた違い、かなりライブ仕様のサウンドです。
この日は僕が新機材を投入した日でもあって、動画で見られるピンク色のギターを初めてライブで使用したのでした。良い音が出たので、楽しくなって興奮している様子(谷口が)が手に取るようにわかります。

映像は良く撮れているけど、実際に生で観てもらわないと伝わらないところが多い曲のような気もします。
伝わったらそれはそれで良いのですが。拍手、暖かい。感謝。

 
そして「宇宙線が視ている」。

昔からやっている曲。アンコールでやらせてもらいました。
有り難いことにこの曲が一番好きだと言ってくれる方がリスナーの中には多くて、ギターにカポタストを3フレットに付けた時点でフロアが少しオオオオと息を呑む感じになり、こちらもステージでオオオオとなったのでした。
こちらの手元までちゃんと観てくれているなんて嬉しい限りだと思いました。

 
さて、minimalsはこれからレコーディングセッションに向けてリハーサルの日々です。
8月中旬に録音があるのでその準備に入っています。
録音する楽曲は決まっていて「ロングウォーク」という曲を録ります。
弾き語りではよく演奏するけど、バンドでは最近あまり演奏していません。
夏から秋にかけての曲です。
余裕があればもう一曲書き下ろしの新曲を録るつもりです。

今回はサポートミュージシャンにamamoriが加わります。
シングル「ゆるやかドラゴン」の「夜のジャズ」で鍵盤を弾いているミュージシャンです。
今年「出れんのサマソニ」に出演するなど、活躍目覚しいシンガーソングライターのamamori。
サイトはこちら→http://amamori-mk.jugem.jp/
また音合わせができるのが楽しみです。

 
次回ライブは弾き語りで8/27(火)に渋谷GUEST。
久しぶりに弾き語りやることになりました。はいからさんの近田君らとやります。
平日ですがとっても楽しいと思います。是非来て下さい。
CDも持っていきます。

8/27(火)渋谷GUEST
[Time] Open 19:00
[charge] 1500yen(D別)
w/近田崇仁(はいからさん)/ 廣瀬義政
谷口弾き語り。

それでは皆さん夏風邪にはお気をつけて。

本日は「抱きしめたいvol.4」

なんだか早いもので今日はこれから「抱きしめたいvol.4」です。
天気も今のところ良さそうで何より。暑くなり過ぎないといいな。

さー谷口の元には今日から発売開始するCDが届いております。
1012689_637855372891164_994207159_n

ちゃんと発注して製作した2nd音源です。3曲入りで500円。
音源的には2年ぶりの新作。曲自体はどれも以前からライブでやっている曲です。
ミックス・マスタリングは中村公輔氏。

インパクトのあるジャケットデザインはフカウラアキさんです。
以前にガラパゴスキャンプというイベントをやったときに平和のヨーイチが彼女にフライヤー製作を頼んでいて、そのデザインが凄くかっこよかったのが印象的でした。
今作は元々あった彼女の作品の一つを拝借してジャケットに使わせてもらっています。

今日のバンドについて。出演順に。
サカシマ。
サカシマとの面識はだいぶ以前からあって2年前くらいにレッドクロスで共演したのが最初だった。
そのときの印象はギターポップに連なるエモーショナルなバンドだなあと思って観ていて、最近観たら2010年度版ムーンライダースのような、そういうバンドになっていた笑。
色々様々な個性を抱えるバンドマンたちの中で彼らはメンバーみんな恐るべきまでに人当たりがすごく良いという、優れた性質も兼ね備えています。

salsa。
salsaは1年前くらいにタイバンしたことがあって、以前から名前は聞いていて。
すごい大音量のうるさいバンドのイメージがあったんだけど実際観たらそういうわけでもなく。
ビートロック、ガレージ、パンクなのにフォーキーなメロディを持ち合わせるという稀有なバンドだと想います。
この前ライブに行ったらスズケン(Gt,Vo)のギターの音が暴力的過ぎて、鈍器をぶん回しているようなサウンドだったけど。すごくアクの強いサウンドだった。同じ形のギターを使っているのにどうしてここまで差が出るのだろうと思いながら喰らっていました。

mothercoat。
僕が個人的に崇拝申し上げるところのギガディランさん率いるバンド。
洋楽好きな人なら誰でも飛びつく楽曲、サウンド、パフォーマンス。全て振り切れています。
これ以上の完成度のバンドにはライブハウスでもなかなか出会えないと思います。
それはメジャー。インディーズ問わず。独自の嗜好でワンアンドオンリーのサウンドを積み上げてしまっていますね。

共通して言えるのはどのバンドもくせ者だということです。
優れたくせ者の皆様に集っていただいたので、minimalsも同じところで思い切りやりたいと思います。
そしてどのバンドもメロディックである。やはりメロディは大事です。

それは僕がビートルズから音楽が始まった人間だからなのかもしれませんが。
なんだか文章長くなってしまった。それでは夏の夜長を楽しみましょう。
今日はきっとビールが美味しいはずです。
いい夜にしよう。

今回はminimals物販あるんです。
Tシャツ、ステッカー、缶バッジ。
ひたすら王道なグッズだったな。

お待ち申し上げております。

「抱きしめたいvol.4」詳細

こんばんは。
本日「抱きしめたいvol.4」の特設サイトを大幅更新しました。
新しく追加したのは大きく2つです。

一つはバンド情報!
今回の出演者の情報をまとめてみました。
各バンドのプロフィールやyoutubeが見られますので予習復習に最適です。
かっこいいバンドばっかりです。彼らの音楽、がっつり喰らってくださいね。

もう一つは物販グッズ情報!
僕はあんまりタッチしていないんですが、水面下でムラオがやっています。
今まで音源以外に販売できるグッズなんてなかったのですが、アートワークをやってくれたりしている「最後の手段」のシビれるビジュアルが折角あるのに勿体無いと前々から言われ続けていて今回ようやく踏み切りました。
その一部をご紹介。
tshirt_goods

「宇宙線が視ている」Tシャツです。
生地柔らかめ、裁断もスタイリッシュなTシャツ。夏場最強アイテムです。
バンドTシャツっぽくないのです。これ一枚さらっと着こなしている男女になってくださいね。
レギュラーはネイビーブルーの方で数量も多めに作っています。
もう一つはムラオイエロー。ムラオによるセレクトカラーです。数量少なめです。
サイズ各種あり2000円です。

yuruyaka_disc「ゆるやかドラゴン」も販売開始です。3曲入り500円。会場先行なのでまだCDショップなどではお取り扱いありません。是非会場に来てゲットして下さいませ。

グッズのお知らせばっかりで申し訳有りませんが、何はともあれお楽しみにしておいて頂けると幸いです。
おやすみなさい。