カテゴリー別アーカイブ: journal

3.21弾き語りワンマン感謝の辞

ちょっと遅くなりましたが、先日は谷口弾き語りワンマンにご来場頂いた皆様どうもありがとうございました!桜井君とのセッションや、パーカッション、サックスとのトリオでの演奏もなかなか新鮮に楽しんでいただけたのではないかと思っております。
特に桜井君とのステージは久しぶりでしたが、お互いの気心が知れている分、なんだか同窓会のトークライブを実演しているような気になりましたね。演奏時間よりMCの時間のほうが倍以上多かったと思います。ほとんどぶっつけみたいな状態で曲を演奏しましたが、あれで成立するのは桜井君とだけかと。

トリオ編成の演奏は初めての試みでしたが、やっぱり独りではなかなか表現し切れないものでも三人になると幅が広がってうまく表現できるようになるのだなあと改めて痛感しました。
特に僕は普段ウワモノと一緒に演奏することがほとんどないので、サックスがあるとすらすらと楽曲の表情を作れることに今更ながら感心したのでした。
村上くん、あっきーさんどうもありがとう。
折角なので、このメンバーで今度何かしらレコーディングしたいと画策中です。
うまく実現するといいなあ。

さて、当日のセットリストは以下の通りです。

1.みんなわかってもらいたい
2.飛行機雲(カバー)
3.団地のゲーム
4.そして僕は途方に暮れる(カバー)
5.どこまでも行くって?
6.ラブレター
————–
(w/桜井康次郎)
7.two of us(カバー)
8.好きだった人(カバー)
9.遠足の唄
————–
(w/村上大輔、渡辺あきひこ)
10.夜のジャズ
11.遠くまで
12.ブルーライン
————–
13.タイガータイガー(カバー)
14.ロングウォーク
15.宇宙線が視ている
anc1.さあ来年へ
————–
(w/渡辺あきひこ)
anc2.夜よ今夜はあなたと話そう

全17曲!
曲がそれぞれ短いとはいえ、こう見ると沢山やったんですね。
演奏中のことは夢中なのであんまり覚えていませんが、こんなに演奏することができて単純に嬉しいです。
このうち、「どこまでも行くって?」「ブルーライン」が新曲でした。
桜井君とやった「遠足の唄」は昔組んでいたとってもヘルシーズというバンドの楽曲です。
カバーは沢山やりましたが、とりたてて言うと「タイガータイガー」は僕の好きなはいからさんというバンドの楽曲です。

フードで出したツナサンドも完売しました。
食べていただいた方々どうもありがとうございます。

さて、次回ライブが決まっているのでお知らせを。
また、同じ場所での定例の谷口企画です。

2015/5/16(土)渋谷GUEST
minimals谷口企画「よくある週末vol.8」
[Time] OP19:00 ST19:30
[Charge] adv.2000yen / door.2300yen(+1D)
[FOOD]スーパーサンド谷口
w/遠藤裕生(ex.余汐/四番) / タカユキカトー(ex.ひらくドア) / 佐古勇気(snap/GABAHEY)

今回も素晴らしい共演者が揃いました。
特に遠藤さんは人前での演奏はいつぶりだろう?きっと1年ぶりくらいじゃないかなと思います。
タカユキくんも元気しているかな。佐古君はほとんど準レギュラーのように出演してもらっていますが、いつ見てもいつ聴いても素晴らしいミュージシャンです。
いずれにせよとても幸せな感じの一日になることは間違いないと思いますので、
ご予約はお早めにどうぞ!info@minimals.jpにて承ります。

衝動買い

衝動買いというのは誰にでもある。

本日昼過ぎにとある用事を終えてかっぱ橋をよちよち歩いていると、十字路の角に小粋な陶器屋があったので、ハエ取り紙に誘われるハエのごとくふらふらと吸い込まれたのであった。
そして次の瞬間、気がつくと何の前触れもなく14000円の急須を衝動買いしてお店を出ていく自分を発見したのであった。

kyusu

見よ!この戦車みたいな、河豚みたいなフォルムを。
ちょっと毒々しくて良い具合ではないか。
そして何より肌触りがとてもよいのだ(急須で大事なのは肌触りである)。
しかし我ながらまさかここに来て急須に目覚めるとは…。

帰宅後、急須に入れる茶葉がないため早速某熱帯系サイトにて注文する。
また、自宅には湯呑みもないので今度は湯呑みを買おうと思う。
今のところ、お湯だけ用意できる。

【次回ライブ】
2015/3/21(土)渋谷GUEST
minimals谷口企画「よくある週末vol.7」
[Time] OP19:00 ST19:30
[Charge] adv.1800yen / door.2000yen(+1D)
[出演]谷口智也
オープニングアクト:桜井康次郎(恋をしようよジェニーズ)
[FOOD]スーパーサンド谷口
10ヶ月ぶりの弾き語りワンマン!!FOODも谷口が務める定例企画です。
サポートメンバーに渡辺あきひこ(perc.)と村上大輔(sax)を迎えます。

ライブ終えたり写真撮ったり

昨日のライブにご来場頂きました皆様どうもありがとうございました!

昨日は歴戦の友であるマンダコウヘー氏もライブ写真を撮りにきてくれて、ついでにそのまま東新宿の裏道で5月の弾き語りワンマン用のフォトセッションをした。
彼と二人きりが会うのが久しぶりでなんだかはしゃいだのでした。
撮影した写真は近日アップしますので、どうぞお楽しみに。

また、5月弾き語りワンマンに向けての意もあり、これからminimalsの楽曲の歌詞を毎日一つずつアップしてみようかと思います。
音源がある場合にはなるべくそのリンクも付けてみて、偉そうですが解説みたいなのもちょこっと添えてみたいと思います。

とりあえず本日の夜は「みんなわかってもらいたい」の歌詞を20時頃にアップします。
よかったらまた後でチェケラしてみて下さいね。

20140429-095858.jpg

生活感など

生活感がない、ご飯などちゃんと食べているんですかと人からよく言われる。

この問いかけは僕に限らず、恐らく大多数のミュージシャンが常々言われていることだと思うが、心配はご無用である。
なぜなら大体のミュージシャンは世間一般の人のそれよりも人一倍謙虚に、社会の陰に隠れながら大変に慎ましく生活しているものである。

皆さんもご飯などちゃんと食べているのである。
みんな掃除もするし洗濯もする。
みんな食器も洗うし換気扇も回す。
みんな節約もするしアイスも買うのである。

さて、僕もそのような生活感を感じさせない人間を代表して、ちゃんと生活しているというその一端を皆様に証明したいと思う。

下記の写真を見よ!

20140427-203150.jpg

まるで古代文明から発掘された青銅器のように見えるが、これは自宅の洗濯槽である。

世の中には洗濯槽用洗剤という便利なものが発売されており、僕も興味本位で買ってみて早速洗濯機にかましてみたところ、洗濯槽はまるで新品のようにツルピカになってしまった。
そして、そのあまりのツルピカ具合に衝撃を受けて思わずiPhoneで撮ってしまったというのが、このショットである。
これは生活感がなければできない所作である。

さて、そんなことよりも明日はminimalsのライブがあります。
開演直前までチケット取り置きの受付をしておりますので、みなさま明日は手が空きましたらば是非奮ってご参加下さい!ということをお伝えしたい。

ご予約はinfo@minimals.jpまで。
「取り置き希望」の旨とお名前をお知らせ下さいませ。

【4月28日(月) 】
新宿紅布
start/19:00 / adv.¥2000(+1d)
w/ユームラウト、挫・人間、the coopeez

minimalsはちょっと早めの19時からの演奏となります。
ベースは今回も引き続き塩澤由希子が務めます。
それではお待ちしております!

鯖の味噌煮と巨人軍

昨日の話。

夕方から髪を切りに行った結果、普段よく行く食堂がすでに営業を終えていた。

それで近場にあった昔ながらの定食屋に入ったところ、店の中央に大画面のテレビが据えられており、そこには8回表の巨人対ヤクルトの野球中継が映っていた。
5-3で巨人が2点リードしている。
店の壁には黒帽を被った選手の集合写真をはじめ、黒帽を被ったそれぞれがバッドを振ったりボールを投げたりベースの周りを走り回ったりしているポスターが所狭しと貼ってある。
店内には5-6人の常連客がじっとテレビを見つめ、時折り歓声を上げながら瓶ビール片手に一杯やっている。どうやらこれはきっといわゆる巨人ファンである。

「いいとこにきた、今巨人軍やっているからね」
おかみさんが得したねという感じで言うので、思わず「そうですか良かった」と応えたものの、そもそも僕はまったく野球に興味がないのであった。
セリーグとパリーグの区別もつかない。ソーセージの名前みたいだと思っている。

だが、こんな機会なので巨人軍の応援でもしてみようと思い、周りと一緒になってテレビに向かって「ああ!」とか「ううん!」とか言ってみたが、どうにも声を出すタイミングや見所がわからない。
僕は野球をどうやって観たらいいのかわからず、ほんの少しも面白くないのである。

しかも、僕がこの店に入ってきてからというもの巨人軍の雲行きはどんどん怪しくなっていくのであった。
2点優勢の局面で、ようやくリズムを生みかけていた巨人軍の攻撃は、ちょうど僕が鯖の味噌煮をオーダーした頃にスリーアウトチェンジとなってしまい、料理を待つあいだの巨人守備の8回裏では、投手山口の失投により、あっという間に無死満塁のごとき情勢となってしまった。
そして、僕のサバの味噌煮が到着する頃にはそのままヤクルトに追加点が入り、時を待たず試合は同点となり、ヤクルトに一挙逆転のムードが濃厚に漂う一方、巨人はどんどん窮地に追い込まれていった。
まるで僕がこの定食屋に入ったことによって、巨人軍のツキが落ちたようであった。

遂には、僕が鯖の味噌煮を食べ終わるより早くヤクルトに逆転され、店内の巨人ファンたちはむすっと押し黙り、くだらない冗談も言わなくなってしまった(僕からすると、その様子こそが冗談のようであった)。

(ほらみろ、よくわかんないお前なんかが店に入って来たせいで、我が栄光の伝統を誇る巨人軍は…)

かような重くるしい空気を感じた僕は、やがて巨人ファンの皆さんとテレビを見るのを止め、テーブルの脇に置いてあった選手名鑑2014を読むことにし、特に審判団の顔ぶれと経歴を眺め、この世の中には審判学校なんていうのがあるんだなあと思いながら食べ終わり、食べ終わるや否やさっと脱兎のごとく立ち去ったのであった。

その後どうやら巨人軍は9回表に大逆転。
疫病神はやはり去ったのである。

20140417-222512.jpg
傷心のわたしに優しく微笑むブル連隊長
黒帽を被っていなくてよかった

夕方くらいの町

町はちょうど良い気温である。
夕方、日が暮れないくらいに家を出て、傍の道を歩いていると、パンケーキを焼く甘い匂いが立ち込めていた。

こんな住宅街のいったいどこでパンケーキを焼いているのだろう、もしかしたら近所に老舗の洋菓子屋などがあったのを今までずっと見落としていたかもしれぬと思って、蜂蜜に誘われる熊のごとくふらふらと付近の横丁を出たり入ったりしていると、やがて知らず知らずのうちに、造りの古い、昔ながらの銭湯の前に出た。

すると今度はどこからともなく大変に澄んだ笛の音が聞こえてくる。
とは云っても、僕の住んでいる町はほどほどに下町であるし、夏祭りに向けた町内会の集まりかなんかで鼓笛を練習するくらいのことはあるだろうから特段不思議ではない。

やれいつたいどこで笛を吹いているのだ、冷やかしに見に行つてやらうとのらくろ(地元名物)のように思いながら、立ち止まって耳を澄ます。

すると、ちょうど目の前の銭湯から1人の胡麻塩頭をした老人が出てくるなり、絵も言われぬ不思議な旋律の口笛を吹きつつ自転車に乗って、さぁーっと立ち去っていった。

僕が笛の音だと思ったのは、実にこの老人の口笛であった(今考えると落語の出囃子のようなフレーズを口ずさんでいたのかもしれない)。

この老人は大変に口笛が巧かった。
これが僕の生涯で一番口笛にびっくりしたときの話である。

20140414-191658.jpg
しょぼくれた紅い花を見下ろす黄色い花たち
なぜだかファンタスティック・プラネットを思い出した

カレーとか

神保町でカレーを食べながらジョジョリオンの6巻を読んでいると、隣の席に座っていたOL2人組がナポリタンを食べながらシモヤマ課長の悪口を言っていた。

テーブルが近い店だとよくあることだが、そのうちなんだか自分も一緒に会話に参加しているような気持ちになってきた。
またOLのうちの一人が江戸っ子のようにとても歯切れ良く悪口を言うものだから、悪口言われているシモヤマ課長がだらしないやら気の毒やらで、最終的には本当に課長には管理職としてしっかりして頂かなければならないと憤然と燃えてきたのであった。

繁忙期に親父ギャグなど披露している場合ではない。あなたの部下は陰で失笑しています。
シモヤマ課長はカウボーイブーツなど履いて出社すべきではなく、早く新人の制服を発注すべきである。
おいこら常務に言われないと何もできないのか。

隣で聞いていて、僕もそう思った。
悪口を可笑しく語れる人っていうのは良いね。

20140318-205525.jpg

バーソーユーデー

夕飯時に、バーソーをユーデーして、我いざ湯切らんと欲す。
台所にて颯爽とバーソーらを水に浸すも、大量の白い湯気がもくもくとあがり、「おわ」などと思って体勢を崩していると、なんぞ図らん、いつの間にかバーソーたちの半分以上は排水口にだらしなく飲み飲まれているのであった。

如何ともし難く、その場に立ち尽くす我。

流し場でクラゲのように足を横たえたバーソーたちのことを、なんて耽美的で美しい姿なのだと頭の中で必死に思い込もうとしてみたがまったくムダであった。
腹が鳴るばかりであった。

バーソーユーデー

20140312-191333.jpg

たらこスパゲティ

好きだったものがそうでなくなることはかなしい。
最近はもしかしたらたらこスパゲティが以前よりも好きでなくなったかもしれないということに悩んでいる。
なんだか食べていてもしょっぱく感じて美味しくないのである。
食べられるラー油を掛けた方がよっぽど美味い。

多いときには週4近くで食べていたから、遂に人生のたらこスパゲティ許容量に到達したのかもしれない。

家だとどうしてもパスタソースのたらこ味だかなんだかよくわからない化学調味料で調理してしまうので、それらを止して、ちゃんとしたしかるべきたらこスパゲティ専門店みたいなところでもう一度たらこスパゲティの魅力を再確認しなければと思っている今日この頃である。

20140310-195840.jpg

よいしょ史

とある裏道で佇んでいると、目の前のゴミ捨て場に主婦がやってきて、片手で持ったゴミ袋をポリバケツまで「よいしょ」と云ってから持ち上げた。

何気無く呟いたその一言ではある。
しかして、日本人は一体いつから「よいしょ」などと云うようになったのか。

この「よいしょ」なる掛け声は、初めて日本に来た外国人にとって興味深い光景の一つとされている。

本来は物を持ち上げる時などに「せーの」的に用いていた言葉だと思うが、僕が最近見かけた中では、パソコンのマウスを操る時にも「よいしょ」とわざわざ云う人がおり、そういう意味でだいたい「なるほどですね」くらいの謎さ加減を持っている言葉である。

20140307-204120.jpg