印象に残っていること

印象に残っていることがある。

昔、大学のサークル仲間でよくお酒を飲んでいた。
場所は通っていた大学の近くで、西池袋公園だったと思う。

当時は木が茂っていて、なんだかちょっと薄暗くて鬱蒼とした雰囲気の、陰気な公園だった。

僕たちは近くのコンビニで缶ビールやつまみを買って、そこでよくお酒を飲んだ。
騒いで警察を呼ばれたり、公園に住んでいるホームレスや、通りかかったヤンキーに絡まれた事もある。
朝まで過ごしたことは何十回とある。夜中にそこから実家のある国分寺まで歩いて帰ったこともある。

大概は音楽の話とか、女の子の事とか、そのとき考えている事とかそういうのを意見交換した。
取り留めのないふざけた話や、行き着く先の無いくだらない話をした。

あるとき、いつものようにお酒を飲んでいると、その輪の中にいた先輩(ラオウさんと呼ばれていた)が、個性というものについて語る場面があった(ラオウさんは型破りな先輩で、語るエピソードの多い人だけどここでは省く)。

ラオウさんの説によると、個性というものはXY軸の座標の中で例える事ができるという。
お酒に酔っていたのであまり詳しく覚えていないから、大づかみに説明すると、
この座標軸の中心こそが社会通念上の「普通」(常識人)で、そこから如何にこのセンターの基軸から離れることができるかが、より社会的に際立った人間になれるかどうかの分かれ目だという話だった。
つまり、際立った人間になるには常識人の価値観から解放されなければいけないし、より強力な個を持つ人間はどんな座標方向であれ、センターから遠く遠くへとかけ離れていくはずだと。
このバランスは馬鹿と天才のように紙一重で、例えばガンジーのような偉人はこの座標軸の中でもセンターからは相当かけ離れたところにいただろう、でもだからこそ強烈に他人を動かすことができて、歴史に名を刻むことができたのだ。上に立つ人間は大概頭がおかしい、振り切れている。

僕はその話を「面白い話だな」と思って聞いていた。
どこか聞いたことのあるような話だったけど、神妙に話を聞いている周りの同輩と同じようにふんふん頷いていた。

そして、この話の本筋は「だから俺も突き抜けた生き方をしたい」という結論であり、それを補足説明するための座標軸の話だった。別にXY軸の話が正しいとか正しくないとか、そういうことではない。

でもラオウさんはそんなふんふん頷いている僕をみて、何か勘に触ったのか、「トモヤ、お前は何か違うことを考えていそうだな、何か考えがあれば言ってみろ」と言った。

言われてみると、確かに面白い話だなと僕は思ったけど、少し違和感があった。
僕には全体的に「無い」感覚というか、「僕の話」ではないな、というか。
うまく説明できないながら、なんだかそんな風に思ったことを覚えている。
でもそれが何なのかをその場でうまく説明できなくて、とても悔しい思いをした。

そして何年も経って、今でも何と切り返しをすればよかったのかわからない。
この話は未だに頭にこびりついていて、そのときの事をたまに思い出してしまう。

「抱きしめたいvol.4」の動画アップ

夏なので、暑い日が続きます。
以前は珍しかったゲリラ豪雨ももはや特に驚かなくなるようになってきました。
夕立は減りましたね。これからなのかな。
なんであれ夏っぽいことしたいなと思って今年も過ぎていきそう。

さて、先月行われた「抱きしめたいvol.4」のライブ映像が届きました。
1カメなのでバンド全体というよりも、ほとんどボーカルの谷口を狙い撮りしているような映像ですが、有り難いことにとても見ごたえある映像に仕上がっています。撮影、編集はマック渡辺氏によります。
複数録音していた、当日のライブ音源を簡単にmixして映像に付け直したところ、結構それなりの音になったので良かったです。ライブ音源だけどある程度聴きやすい音質になっています。

当日来れた人はもちろん、当日来れなかった人もこんな感じだったのかと観てもらえたら嬉しいです。
なんかだいぶ前のことみたいに思ってしまうけど、とてもワクワクさせられた一日でした。
動画は2曲。

まずは「夜のジャズ」。

コアリスナーに好かれるスルメな一曲。
この日はセットリストのラストで演奏しました。
シングル「ゆるやかドラゴン」での鍵盤が入ったゆるいアレンジとはまた違い、かなりライブ仕様のサウンドです。
この日は僕が新機材を投入した日でもあって、動画で見られるピンク色のギターを初めてライブで使用したのでした。良い音が出たので、楽しくなって興奮している様子(谷口が)が手に取るようにわかります。

映像は良く撮れているけど、実際に生で観てもらわないと伝わらないところが多い曲のような気もします。
伝わったらそれはそれで良いのですが。拍手、暖かい。感謝。

 
そして「宇宙線が視ている」。

昔からやっている曲。アンコールでやらせてもらいました。
有り難いことにこの曲が一番好きだと言ってくれる方がリスナーの中には多くて、ギターにカポタストを3フレットに付けた時点でフロアが少しオオオオと息を呑む感じになり、こちらもステージでオオオオとなったのでした。
こちらの手元までちゃんと観てくれているなんて嬉しい限りだと思いました。

 
さて、minimalsはこれからレコーディングセッションに向けてリハーサルの日々です。
8月中旬に録音があるのでその準備に入っています。
録音する楽曲は決まっていて「ロングウォーク」という曲を録ります。
弾き語りではよく演奏するけど、バンドでは最近あまり演奏していません。
夏から秋にかけての曲です。
余裕があればもう一曲書き下ろしの新曲を録るつもりです。

今回はサポートミュージシャンにamamoriが加わります。
シングル「ゆるやかドラゴン」の「夜のジャズ」で鍵盤を弾いているミュージシャンです。
今年「出れんのサマソニ」に出演するなど、活躍目覚しいシンガーソングライターのamamori。
サイトはこちら→http://amamori-mk.jugem.jp/
また音合わせができるのが楽しみです。

 
次回ライブは弾き語りで8/27(火)に渋谷GUEST。
久しぶりに弾き語りやることになりました。はいからさんの近田君らとやります。
平日ですがとっても楽しいと思います。是非来て下さい。
CDも持っていきます。

8/27(火)渋谷GUEST
[Time] Open 19:00
[charge] 1500yen(D別)
w/近田崇仁(はいからさん)/ 廣瀬義政
谷口弾き語り。

それでは皆さん夏風邪にはお気をつけて。

「抱きしめたいvol.4」終了

昨日「抱きしめたいvol.4」が無事盛況のうち終了しました。
お暑い天気の中をご来場頂いた皆様、どうも有難うございました。
とても温かいオーディエンスに囲まれて気持ち良く演奏させてもらえた事が印象的な夜でした。
時間の都合や会場運営のバタバタもあり、ちゃんとご挨拶ができなかった方も多かったので、この場を借りてご挨拶とさせて頂ければと思います。

くせ者揃いのバンドが揃った今回は、サカシマが疾走感のあるポップスなのにどこかひねくれているロック魂を見せつけ、salsaが暴力的でキレキレ、スリリングなのに妙に清涼感がある演奏をし、日本の宝であるところのmothercoatは相変わらず飄々と、だけど熱っぽくスケールの大きいサウンドを構築してオーディエンスに叩き付けていました。
どのアクトも言うまでもなく完成度の高い優れた演奏でした。
salsaのスズケンが、音楽好きが作った企画で音楽好きな人が来てたとコメントしていましたが、その通り。
音楽ファンのためのイベントだったかと。
僕はそういうイベントがやりたかったし、それをやり続けたい。
音楽ファンが肯定される場所を作りたいというのが僕の野望です。
じゃあ「音楽ファン」って何?というのは今回は置いといて。

さてminimalsはサポートベースにユッキーこと塩澤由希子を迎えて、ここ数ヶ月模索していた新体制のサウンドとなりました。
細かい話なんですが、新体制が始まった3月当初に比べて、かなりの試行錯誤を経たので村尾はドラムのセッティングを変え、今回からユッキーと僕もそれぞれ使用楽器のベースとギターを持ち替えました。
アンサンブルも一から見直しています。

以下昨日のセットリスト。

1.冬に向かって
2.みんなわかってもらいたい
3.ゆるやかドラゴン
4.ソリッドシチュエーション
5.アイアムユアズ
6.夜のジャズ
anc.宇宙線が視ている

今回の演奏でminimalsに新しい印象を持ってくれたファンの方も多くて、木村以降の新しいセットを披露できたのではないかなと思っています。
実は今回一曲目にしれっと「冬に向かって」という新曲をやりました。
音数の少ないトーキングブルースのような楽曲です。
季節感が全く逆ですが、出来てしまったものはしょうがないということで演奏しました。
ラストの「宇宙線が視ている」までおよそ40分。
お客さんがひたすら温かかったことが印象的です。
「抱きしめたい」ではminimalsメインのお客さんが多いので、そのホーム感を利用(!)させてもらってなるべくくだらないMCをしようと心がけています。今回も普通のライブの2倍くらいは喋り、いつかきっとさだまさしさんのようになりたいと思いました。

今回新たに発売開始した「ゆるやかドラゴン」も持参分がほぼ完売し、Tシャツもデザインが好評で購入頂いた方が多くサイズによっては在庫がだいぶ少なくなっているようです。初めての物販を始めましたが幸先が良くて大感謝。

0706

ただ大量発注してあるので在庫はまだまだありますのでご安心を。
次回以降のライブにも新作シングル「ゆるやかドラゴン」と「宇宙線が視ている」Tシャツ、オリジナル缶バッジは持って行きます。
今回都合が悪くて来られなかった方は次回以降のライブも続々決まってますのでお時間見つけて遊びに来て頂けたら嬉しいです。

【7/17(水)MOSAiC】
MOSAiC 9th Anniversary『お前の心はまるみえだ ~特別編その2~』
[Time] OP17:30 ST18:00
[Charge] adv.2500yen / door.3000yen [D別]
w/ [O.A ピエロビデオ] / 井乃頭蓄音団 / THEこっけんろーるBAND / 夕焼けアフロ / salsa
minimalsは19時10分より出演。

【8/1(木)青山月見ル君想フ】
『夏風と、どこかへ。』
[Time] OP17:30 ST18:00
[Charge] adv.2300yen / door.2800yen [D別]
w/ [O.A.)ayumi melody(A Month of Sudays)] / パンパンの塔 / サンゼン / [lifter]
minimalsは19時40分より出演。

どちらもテイストが違うのですが、それぞれグっとくる良い企画イベントに呼んで頂いています。
8月はその後レコーディングなので9月以降までライブの予定はありません。
各月1本ずつです。
谷口の弾き語りも行わない予定です。
お見逃しなく!

本日は「抱きしめたいvol.4」

なんだか早いもので今日はこれから「抱きしめたいvol.4」です。
天気も今のところ良さそうで何より。暑くなり過ぎないといいな。

さー谷口の元には今日から発売開始するCDが届いております。
1012689_637855372891164_994207159_n

ちゃんと発注して製作した2nd音源です。3曲入りで500円。
音源的には2年ぶりの新作。曲自体はどれも以前からライブでやっている曲です。
ミックス・マスタリングは中村公輔氏。

インパクトのあるジャケットデザインはフカウラアキさんです。
以前にガラパゴスキャンプというイベントをやったときに平和のヨーイチが彼女にフライヤー製作を頼んでいて、そのデザインが凄くかっこよかったのが印象的でした。
今作は元々あった彼女の作品の一つを拝借してジャケットに使わせてもらっています。

今日のバンドについて。出演順に。
サカシマ。
サカシマとの面識はだいぶ以前からあって2年前くらいにレッドクロスで共演したのが最初だった。
そのときの印象はギターポップに連なるエモーショナルなバンドだなあと思って観ていて、最近観たら2010年度版ムーンライダースのような、そういうバンドになっていた笑。
色々様々な個性を抱えるバンドマンたちの中で彼らはメンバーみんな恐るべきまでに人当たりがすごく良いという、優れた性質も兼ね備えています。

salsa。
salsaは1年前くらいにタイバンしたことがあって、以前から名前は聞いていて。
すごい大音量のうるさいバンドのイメージがあったんだけど実際観たらそういうわけでもなく。
ビートロック、ガレージ、パンクなのにフォーキーなメロディを持ち合わせるという稀有なバンドだと想います。
この前ライブに行ったらスズケン(Gt,Vo)のギターの音が暴力的過ぎて、鈍器をぶん回しているようなサウンドだったけど。すごくアクの強いサウンドだった。同じ形のギターを使っているのにどうしてここまで差が出るのだろうと思いながら喰らっていました。

mothercoat。
僕が個人的に崇拝申し上げるところのギガディランさん率いるバンド。
洋楽好きな人なら誰でも飛びつく楽曲、サウンド、パフォーマンス。全て振り切れています。
これ以上の完成度のバンドにはライブハウスでもなかなか出会えないと思います。
それはメジャー。インディーズ問わず。独自の嗜好でワンアンドオンリーのサウンドを積み上げてしまっていますね。

共通して言えるのはどのバンドもくせ者だということです。
優れたくせ者の皆様に集っていただいたので、minimalsも同じところで思い切りやりたいと思います。
そしてどのバンドもメロディックである。やはりメロディは大事です。

それは僕がビートルズから音楽が始まった人間だからなのかもしれませんが。
なんだか文章長くなってしまった。それでは夏の夜長を楽しみましょう。
今日はきっとビールが美味しいはずです。
いい夜にしよう。

今回はminimals物販あるんです。
Tシャツ、ステッカー、缶バッジ。
ひたすら王道なグッズだったな。

お待ち申し上げております。

「抱きしめたいvol.4」詳細

こんばんは。
本日「抱きしめたいvol.4」の特設サイトを大幅更新しました。
新しく追加したのは大きく2つです。

一つはバンド情報!
今回の出演者の情報をまとめてみました。
各バンドのプロフィールやyoutubeが見られますので予習復習に最適です。
かっこいいバンドばっかりです。彼らの音楽、がっつり喰らってくださいね。

もう一つは物販グッズ情報!
僕はあんまりタッチしていないんですが、水面下でムラオがやっています。
今まで音源以外に販売できるグッズなんてなかったのですが、アートワークをやってくれたりしている「最後の手段」のシビれるビジュアルが折角あるのに勿体無いと前々から言われ続けていて今回ようやく踏み切りました。
その一部をご紹介。
tshirt_goods

「宇宙線が視ている」Tシャツです。
生地柔らかめ、裁断もスタイリッシュなTシャツ。夏場最強アイテムです。
バンドTシャツっぽくないのです。これ一枚さらっと着こなしている男女になってくださいね。
レギュラーはネイビーブルーの方で数量も多めに作っています。
もう一つはムラオイエロー。ムラオによるセレクトカラーです。数量少なめです。
サイズ各種あり2000円です。

yuruyaka_disc「ゆるやかドラゴン」も販売開始です。3曲入り500円。会場先行なのでまだCDショップなどではお取り扱いありません。是非会場に来てゲットして下さいませ。

グッズのお知らせばっかりで申し訳有りませんが、何はともあれお楽しみにしておいて頂けると幸いです。
おやすみなさい。

バナナの赤と恋の桜

昨日はbananafishの赤芝と恋をしようよジェニーズの桜井と3人で飲みました。
この2人とはだいぶ長い付き合いです。
三人ともフロントマン同士。
楽しい夜でした。
BMn1iHuCYAEM9ud.jpg large
↑酒が進み、だんだんと不穏な表情を見せ始める「恋をしようよジェニーズ」の桜井(写真右)。

そして今日はアマゾン先生からPCのキーボードが到着。
ノートパソコンでブログを書いているのですが、いくつかキーが壊れていて押せない状態だったので外付けのキーボードを注文していたのです。
お陰で快適。記事を書くのがサクサクになってストレスが減りました。
ブログのポストの回数も増えるかも?しれません。

それと今日は加えて「抱きしめたいVol.4」のフライヤーが届きました。
image

今回も「最後の手段」が手掛けています。
嬉しいことにminimalsフォロワーの中ではこの毎回のフライヤーを楽しみにしている方がかなり多いです。
紙のツルツルの素材感から金文字のゴージャス感とか、今回も凄く良い!!
既にサイト上ではビジュアルを公開していますが、やはり現物は違いますね。
毎回そうなんだけど、手で触って確かめたくなる魅力があります。
明日からフライヤーを撒きに行くのでライブハウスやカフェで見かけたら手にとってみて下さい。

「抱きしめたいvol.4」はニュース満載なのです。
物販情報とか新作音源の情報とか、共演するバンドの情報などこれから出していきますので引き続きウォッチ願います。
最新情報はfacebookとtwitterで。
フォローや「いいね!」がまだの人は下記から!!

minimalsのfacebook→→https://www.facebook.com/minimals.jp
minimalsのtwitter→→https://twitter.com/minimals_jp

そしてできれば7/6は新宿紅布で会いましょう。

【今後のライブ】
6/21(金)渋谷GUEST
[Time] OP18:30 ST19:00
[Charge] adv.1500yen
w/林ミカ / ホッタモモ / 石指拓朗
谷口弾き語り。

7/6(土)新宿紅布
minimals自主企画「抱きしめたいvol.4」
[Time] OP18:30 ST19:00
[Charge] adv.2000yen / door.2300yen [D別]
w/ mothercoat / salsa / サカシマ
特設サイトはhttp://dakishimetai.info/
minimalsの約1年3ヶ月ぶり自主企画。新作音源を先行リリース予定。

新しいギターのこと

久しぶりにブログを書きます。
相変わらずカレーばっかり食べています。
最近はFBやらツイッターで色々書いていることが多いのでちょっとおろそかになってしまっているのですが、「どっちのSNSもやってないよ!」という方も少なからずいらっしゃると思うので、めぼしいトピックを書き起こしてみます。

元々使っていたギターはテレキャスターシンラインというギターで、内部が空洞になっていて、ギターに穴が空いているという特徴があるギターです。アコギとは違うけど反応が良くて弾き語りっぽく使えるという代物。
その代わりにパワーはないし、いわゆるエレキギターのようにパキーンと音が抜けるわけでもないです。
スリーピースでギター一本でやっていると正直ちょっと非力なのですが、元々minimalsがフォークロックっぽいところからスタートしたこともあったし、ギターを改造したり機材を追加したりして何とか誤魔化しつつ使っていたのですが、この度以前からずっと欲しかったギターを思い切って購入しました。

それがこれ。
guitar

大人しい感じのピンクであまり出てこないカラー。
エレキギターはシンライン以外に所有したことがなかったのでこれでエレキ2本目です。
これから弾き込んでもっといい具合に煤けていくといいなあ。
だいぶ以前に、恋をしようよジェニーズの桜井君(当時は未練タラタラズ)が同じ色と形のギターを持っていた時期があって、スタジオでセッションしたときに一度弾かせてもらってから、ずっとそのサウンドとルックスに憧れがあったのです。

このギターは7月6日の自主企画「抱きしめたいVol.4」で初お披露目します。
シンラインも良いギターだけど、これはこれでとても良いサウンドだし、今出したい音がもっと表現できていると思うので、楽しみにしておいて下さい。
シンラインは今月10日、明後日の青山月観ル君想フのライブでとりあえず最後の予定!
もし時間が合えば、それも見納めに来てくれると嬉しいです。

【6/10(月)青山月見ル君想フ】
[Time] OP19:00 ST19:30
[Charge] adv.2000yen[D別]
w/no name / ヌケメバンド / 外川良(f.qii)
出演は20:10から。

minimals谷口によるブログ